厄祓いの文化と考え方

女性の厄年における年齢は19歳、33歳、37歳、61歳であるとされており、寺院や神社に行って厄除けを行ってもらうというのが慣習になっています。西洋の科学に基づく文化が導入され自由な考えをもつ人が増えてきたことにより、必ずしも誰もがこういった慣習には従わなくなっているものの、厄年に対する意識は未だに高いものです。

科学に長けている人には根拠の無い迷信として捉えられてしまうことも多いものの、こういった年齢は人生の中での転機となるタイミングでもあるのも事実でしょう。それゆえに体力的、精神的負担が大きくなりがちになり、それが原因で不運に遭ってしまう可能性がある歳でもあるということができます。ただの迷信だと考えてしまうことで無視してしまうというのも賢明な判断と言えるかもしれませんが、完全に無視してしまうのも問題でしょう。完全に信用しないまでも、人生を生きていく上での一つの指針として捉えておくということはとても重要です。

特に女性にとって33歳は結婚や仕事、子育てといった女性としての人生の山場にあたる時期になることが多く、自分の身体の健康について、また生活のありかたについて再考するのにちょうど適した年齢でしょう。こういった歳になったときに厄祓いを受けるかどうかは本人の感性に従うとしても、厄年であるということを理由にして、一度立ち止まって自分を見つめなおしてみる機会という形で利用していくとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です